eile mit weile

のんびり、ゆっくり、急がば回れ なブログ

福岡で鯛茶漬け満喫!   -味処 よし田 2013.11.8.

久しぶりの福岡出張。

出先の上司が、お勧めランチにつれてってくれた。

割烹 よし田

 f:id:oshinkomaki:20131108123743j:plain

 

あまり食べ物について熱く語ることのない上司が

ここの鯛茶漬けが最高においしいという。

 

実際にほんとにおいしかった!

ので、読んでも何とも楽しくない文章だが、インパクトを忘れないよう備忘録。

 

 

 

 

12時少し前にお店に到着したが、店内は既にサラリーマン男女で満席。

鯛茶とてんぷらを注文してしばし待つ・・・。

 

まずはご飯がおひつで運ばれてきた。

私が最年少だったのでよそおうとしたら、お店のおねえさんに

「てんぷらが出来上がったら、やったげるから待っててねー」と軽く制止される。

そういえば周りをみると、普通のお店よりも多い給仕さんたちがくるくると忙しく働いている。

刺身定食やてんぷら定食もあるのだけど、ほぼすべての方が鯛茶を食べている。

複数人数で来ている人は、それにてんぷら盛り合わせをプラスして、わけながら食べるのが定番らしい。

 

そうこうしているうちに、やってきたのはお鉢とお漬物。

え?これだけ?という印象。

ごまだれの中に鯛の刺身が入っていて、上に海苔がかかっている。

それにワサビを溶かしてご飯に載せて食べるのだ。

以前、島根で不昧公の好物だったという鯛茶漬けを食べたことがあるのだけど、

そっちは鯛そぼろや卵など、具だくさんだったので全然印象が違う。

 

で、まずはひと口。

 

おいしい!!!!

ごまだれが濃いのでそのままだと鯛の味がちょっとわかりづらいけど、

ワサビと海苔が聞いてておいしい!

 

次は白ご飯に載せて。

 

これもおいしい!

温かい白いご飯に、濃いめのたれがめちゃくちゃ会うー。

この後お茶をかけて・・・と言われていたのにこの状態で半分以上食べてしまった。

 

そして最後は、熱いかけ茶をかけて。

またまたおいしい!

ごまだれがお茶にいい感じに溶けだして、味も鯛の半生感も最高。

普段ご飯のお変わり厳禁なんだけど、ついお代わりしてしまった。

おいしすぎて写真撮るのも忘れてた。

 

ぜひ、再訪したい。